[本] ソフトウェアクリエイティビティ2.0




第I部 2つの考え方
第1章 規律VS柔軟性
第2章 形式的手法VS発見的手法
第3章 最適化VS満足化
第4章 定量的思考VS定性的思考
第5章 プロセスVS製品
第6章 知的作業VS事務作業
第7章 理論VS実戦
第8章 産業界VS学会
第9章 楽しさVS真剣さ

第II部 創造性を引き出す
第10章 ソフトウェア組織での創造性
第11章 ソフトウェア技術における創造性
第12章 ソフトウェア史における創造的なマイルストーン

第III部 他分野における創造性
第13章 組織の創造性
第14章 クリエイティティブな人
第15章 コンピュータによる創造性の支援
第一六章 創造性のパラドックス
第17章 今も昔も

第IV部 まとめと結論
第18章 相乗的な結論
第19章 その他の結論


前半がよかったが、後半はどうかな、と思わざる得ない。

この本は、ソフトウェアの品質、プロセス、創造性について、実に様々な角度から論じている。
個人的には、創造性という箇所はさておき、品質とプロセスについて、注目して読んでいた。
それもあって、後半はどうかという感触を持ったのかも知れない。

この本の言わんとする所は、ソフトウェアの開発は形式的で規律を備えるべきか、それとも自由奔放でクリエイティブであるべきか――「どちらも正しい」という事である。

そりゃそうだろう。
普通に考えれば、それぞれのプロジェクトごとに、規律と自由の間で一番うまくいく点を見つけていく。
それがソフト開発におけるマネジメントの重要な仕事の一つであると、おじいさんは思っている。
極論を振りかざした所で、それこそ「おもちゃ」でしかない。
なんと言われようと、折り合いをつけていくことが求められる。

この本を読んだのは、そのヒントがあるのかな、という点だった。
その結論は先に書いた程度のもので、うーんという所である。
読み物としてはマアマアおもしろいんだけれど。



さて、以下、この本の趣旨はさておき、いくつかおもしろいネタが述べられていたので、その中で一番よかったものと、ツボったのを書いておこう。


すると、被験者のほぼ全員が、厳格なライフサイクル通りの作業を行っていないことがわかった。開発者は「要求理解フェーズ」では実際にはプロトタイプの作成とテストを行っていた。「設計フェーズ」では設計を実証するサンプルプログラムを書き、テストをして、設計の実現可能性を調べていた。「コーディングフェーズ」では(まれに)要求仕様や(驚くほど頻繁に)設計に立ち戻り、それを更新さえしていた。「テストフェーズ」では、上記のほとんど全ての作業をやっていた。

なんという真実。
まさにその通りとしか言えない。



・ギリシア人はプログラムを書く。ローマ人はプロジェクトを管理する。野蛮人は何も考えずにコーディングに取りかかる。
・ギリシア人は作るドキュメントの量を最小化する。ローマ人は最大化する。野蛮人はドキュメントを書かないことを誇る。
・・・

野蛮人にはなりませんように。

"[本] ソフトウェアクリエイティビティ2.0" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント