[雑記] 国会 東京電力福島原子力発電所事故調査委員会報告書

こんばんは。
この件については、正直、海外ニュースは当てにならんだろ、と思ってましたおじいさんです。
NewsJapanで解説してたけれど、結構構造的問題に目を向けていた感じなので、日本国民としてはよーやくかという所です。
で、本論を見てみましたんで、その感想。

あ、ちなみにNewsJapanの解説はこちら。
 http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00226855.html

 [NEW] 国会事故調 報告書が公表されました。ダウンロードはこちらから。
  http://www.naiic.jp/blog/2012/07/05/reportdl/



ひとまず、ダイジェスト版・要約版から読んでみる事をおすすめします。
報告書本体は600ページ超あるので、こういうのを慣れてない人はまず挫折しますわ。

ただ、一度は報告書本体を読みたい。読んでほしい。
おじいさんもまだ読んでる最中ですが、さすがに大変。
なぜ、本体の方を読むべきかというと、歴史小説を読んでいる人にはわかると思うんですが、グダグダである原因を知るにはグダグダな状況を知らなければならないんですよ。


さて、本題の感想なんですが、なんつーか、全編にわたってアイターって状態なんですわ。
ぐだぐだもここにきわまれり。
頭がおーばーひーとしてきました。
結局の所、言霊信仰にとらわれてしまったような気がします。

なんというかですね、変に対策するとつけ込まれるというのがあったりするんじゃないかと。


うーん。もう少しみないとなー。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック