[Tech] postfixのmailbox_commandの返却値

超メモ。

postfixで、mailbox_commandをつかうと、local配送する際に、特定のコマンドを起動できる。
まあ、一般的にはprocmailなんぞを起動するために使われている物だと思うけれど。

その返却値について、exit 0の場合正常終了なのは論を待たないわけだが、
exit 1の場合、bounceになる。んで、しゅーっとメールは闇へ消えていくが、これもまあわかる。


問題は、deferにして、再配送したい場合はどうするか。

答え、exit 75すればよいらしい。
linuxの場合、exit 75というと、EX_TEMPFAILになるので、再配送される、という事らしい。

実際やってみたら、うまくいった。
ソースコードも見たが、そんな感じっぽい動きである。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック