[自転車] BG-FIT行ってきた

さきほどまで、自転車屋さんで、フィッティングしてましたので、その体験記につき。
なお、おじいさんは超素人ですので、内容は読んだ人の自己責任で。

BG-FITの詳細はスペシャのサイトで調べてくださいな。
 http://specialized-concept.jp/event/?cat=8

受けてきたのは、サイクルショップヨシダさんの所です。
 http://www.cs-y.com/bgfit.html
 →ヨシダさん所の解説頁なんで。おじいさんの写真ではありませぬよ。

概要はこんな感じ。
 ・時間は11:00-14:30ぐらい
 ・最初の三〇分ぐらいで、BG-FITの説明
 ・それから、おじいさんの身体検査。一時間ぐらい
 ・二時間ぐらい、自転車のフィッティング
 
んで、まあ
 ・左足の膝から下の方が長いねw
 ・左肩が前にでてますな。右側が開いてる感じ
  →コンピューター業界の人はこういうの、おおいらしい。
 ・柔軟性はまるでなし
 ・ペダリングを見ると、膝があまり伸びてないというか、かなり曲がってる
 ・どうも、ペダルを水平にした状態で、膝が前に出すぎていたっぽい。
  →なんで、太ももが疲労するという。。。
という所でして。

結論からいえば、
 ・サドルが1.5cmぐらい上がって、後ろに下がった
 ・ステムを逆にして、ハンドルの位置をあげた。
  このため、サドルとハンドルの関係は、1.5cmほど幅が広がった、
 ・にも関わらず、楽になったという変な感じ。
 ・土踏まず矯正インナーを入れる
という変更。

10kmほど走ってみた感じでは、
 ・なんか自転車に「もっと回せ」と言われている感じがする状態でして。
 ・平均時速が2kmぐらいあがったんじゃねーかと思うような軽さ

もっと走ってくると、腹筋と背筋使うようなので、そこは覚悟しておきます(^-^;)


追記
いつものコース(10.8km程度)を走ったので、その感想。

 ・足はくるくる回るのが実感。
 ・いつも帰宅直前に、インナーローにして、左足だけペダリングとかやるんだけれど、
  前は上死点でカッコンって力の途切れた箇所があったけれど、それは解消された
  へたくそなのではなくて、そもそもポジションがわるかった例
  でも、高速になってくると、カッコン発生するのでそれはへたくそな例かと。
 ・巡航速度はあがったんじゃないかしら。
  ちゃんと計測するの忘れていた。
 ・最高速度は変わらず。
  まあ、ダンシングで出す値なので、そうなのかもしれん。
 ・背中と膝の両脇に若干負荷がかかっとる。
  これまでのふともも前とは明らかに異なる。
  膝は大丈夫なんやろか?
  まあ、めっちゃ回さなければ関係ないけど。

 ・ブランケットの距離感は慣れると、前と変わらない感じ。
  距離伸びてるんだけれどねw
 ・その距離感だけれど、アウターで踏み出すと、ちょうどいい感じで、
  インナーでまったり走っている分には、指一本(2cm?1cm)遠い。
  なので、これであってるんだろうか?
  個人的にはマッタリ派なのでステムを短くした方がいいんじゃないかと思ったり、
  体ができてきたら、大丈夫なんかしらん?

まあ、こんな所で。
もう少し乗ったら、担当者殿に感想を連絡してみるか。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック