[本] ヒューマンエラー



こんばんは。
歯医者→皮膚科と病院コンボのおじいさんです。後、雑務をしようとしたら、書類が足りなくて中止。
まあ、例によって準備がわるいですな。
それはともかく、本です。

同僚のMがなぜこの本をもっていたのかわからないんですが、この本は現場の人間にとって読んでおくべき本じゃあないかと思いますね。
その名もずばり、「ヒューマンエラー」
少し前から有名になりつつある、失敗学と同系列の本です。ただし、こちらはヒューマンエラーに焦点を当てて、なぜそれが起こるのか、どう分析していけばいいのか、を丁寧に解説していきます。

読んでいて思うのは、最近はやりのLifehackにも通じる箇所が結構あるという事です。
それと、そういうLifehackでは取り切れない部分がかなりある。
それをどうするか。
ヒントが一杯です。

後、ミスについて色々書いてありましたが、なかなか愉快だったのは、
 ・ベテランの方がミスが多い。その多くは確信犯的なもの(誤用の方の意味で)
という事でした。
まあ、ベテランの方が作業量が多いので素人とは一概に比べる事は如何とは思いつつ、正確な資料を基にあれこれ述べているんだと思うので、「じゃあ、ベテランって不要なんじゃね?」という風に思うわけです。
まあ、事実、文明の進歩というのは素人でも扱えるように変化してきているわけで。沢山反例もありますけれど、コンピューターの進化なんてものがそれかな、と思ってます。
つまり、うまくシステムはベテランを排除して素人でも扱えるようにしていくのが正しい方向なんじゃないかと思ってみたり。
とはいえ、そういう風に進化させていくのは、ベテランの知恵が必要になるという、なんという猟犬って感じです。
まー、どちらにせよ、ベテランなんてものは、世の中の進歩についていかなければ駆逐されるモンなんですけれどね。

それはともかく、人間は失敗するから、それを防ぐために何かしようと思っている方、一読してほしい一冊です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック