[RFC] 開封通知、殺す

こんにちは。
いまからソースコードレビューに借り出されるおじいさんです。
同僚のMから「バグみつけたよーん」と攻撃を食らっていて、なかなかしんどい。
そのバグってのが、バグじゃなくてだなあ! めんどくさーい、話なんですよ。
それはさておき、開封通知の話です。

開封通知メールの話は以下を参照してください。RFCは3798です。

 http://cast-a-spell.at.webry.info/200703/article_4.html

まあ、要するに読んだかどうかの確認メールを送付できるんですよね。
その確認メールなんですが、3798によると少し特殊です。
特に困ったのは、その確認メールが仕様によっては、サーバが受け付けてくれないんですよ。

どういう所でひっかかったかというと、FROMの箇所です。
まず、RFCの3. Format of a Message Disposition Notificationの記述を読むと以下になります。


The envelope sender address (i.e., SMTP MAIL FROM) of the MDN MUST be
null (<>), specifying that no Delivery Status Notification messages
or other messages indicating successful or unsuccessful delivery are
to be sent in response to an MDN.


SMTPのMail Fromでは<>を入れろ、と言っていますね。
これを正直に実行すると、

No originator specified

なんて503コードを返却されてしまう場合があります。

・・・ええ、OutlookExpressなどがRFC違反をおかして、Return-Pathやらに値を入れる理由がよくわかりましたよ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック