[RFC] LMTPってなんだろう?

こんにちは。
ぼんやりと仕事をしていたら、上司に怒鳴られたおじいさんです。
腰が痛いんだけれどナアと言い訳してみましたが、だめすかそうですか。
それはともかく、LMTPというものをあつかわなアカンようなので、それについての備忘録。

LMTPというのは、Local Mail Transfer Protocolの略で、RFC2033で定義されているものです。
ESMTPの代替で、簡易版メッセージキューというべきもので、ストアに入れるのを制御してくれるしろものようですねえ。

RFC
 ftp://ftp.isi.edu/in-notes/rfc2033.txt
 http://www5d.biglobe.ne.jp/~stssk/nro/rfc2033j.txt

この辺が参考になる
 http://docs.sun.com/source/819-1054/lmtp.html
 →図 15-2 が一番わかりやすい感じ

postfixなどでメールを受け取ったら、LMTPを使って、Cyrus IMAPへストアするなんていう使い方もあるようです。

で、おじいさんはPerl屋でもありますんで、LMTPサーバをPerlでつくれねぇのかと思っていると、こういうのもあるようです。

 Net::Server::Mail::LMTP
  http://search.cpan.org/~guimard/Net-Server-Mail-0.16/lib/Net/Server/Mail/LMTP.pm

なんかすでに完結してるし(^-^;)
クライアントはNet::LMTPで事足りそうです。もっとも、自分でLMTPクライアントが必要になるという事態はあまり考えにくいですが。

 http://search.cpan.org/~lhoward/Net-LMTP-0.02/LMTP.pm

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック