[RFC] HTMLメールの構造メモ

こんにちは。
なんだかCSS Niteの周りでアレコレ騒動が起こっているようですが、耄碌して使い物にならないPGにはなんら関係ない窓際おじいさんです。
まー、うまい人の公演は金払ってでも聞きたいんですが、それ以前に行く時間を作れない。貧乏ヒマなし(^-^;)
それはともかく、HTMLメールの構造についてのメモです。あまり信用しないように。

HTMLメールについてのRFCは、大体次のような所が関連してるんでしょう。
MIMEそのものについては、RFCが多くてフォローしきれない(;-;)
 ・RFC2557 MHTMLの仕様
 ・RFC2387 MIME Multipart/Related Content-type


さて、HTMLメールの構造ですが、参考になるページを見つけました。
 http://www.hitachi-to.co.jp/prod/prod_2/inter/emk/help/TecInfo/message/HTML-mail.htm

要するに、Content-Typeが次のような場合、HTMLメールですね。

  1. text/html
  2. mail/html

ただ、HTMLメールには画像が挿入できますし、HTMLメールが表示できない場合の代替テキストも指定できますし、HTMLメールに添付ファイルを付けることもできます。
この場合は次のようになります。

HTMLメールに画像を挿入した場合


こういう構造になります。

 multipart/related(メールのトップレベル)
    text/html(HTMLメール)
    image/jpeg(HTMLメールに挿入する画像)


HTMLメールに代替テキストを指定する場合



 multipart/alternative(メールのトップレベル)
    text/plain(代替テキスト)
    text/html(HTMLメール)


HTMLメールに添付ファイルをつける場合



 multipart/mixed(メールのトップレベル)
    text/html(HTMLメール)
    application/octet-stream(添付ファイル)


こういうのもある



 mail/html(メールのトップレベル:HTMLメール指定)

↓は困るけれど、ありうるなあ。

 multipart/mixed
    text/html(HTMLメール)
    text/html(添付されたHTMLファイル)




と、これらを組み合わせて、複雑怪奇な構造を作って、添付ファイルありの挿入画像ありの代替テキストありのHTMLメールが作れるわけです。

 multipart/mixed(メールのトップレベル)
    mulipart/related
        multipart/alternative
            text/plain(代替テキスト)
            text/html(HTMLメール)
        image/jpeg(挿入する画像)
    application/octet-stream(添付ファイル)


どうやてt、HTMLメール中で、挿入画像を指定しているかは、RFCを見てください。
基本的にはcid:Content-IDと指定していますんで、それほど難しいわけではないと思うんですが。

ま、構造はこんな所で。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック