[書評] ゼロからはじめるパケットキャプチャ

こんにちは。
wireshareと格闘中のおじいさんです。あー、何?もうキャプチャしなくて大丈夫ですか。そうですか。
せっかくなので、その勉強のためにチラ見した本の紹介。

ゼロからはじめるパケットキャプチャ
 http://nmag.jp/archives/2007/06/200708_1.html

あれ、これはネットワークマガジン2007年08月号の別冊付録なんですか。なるほど。
それにしてはつくりがしっかりしていて、超初心者向きでありがたい。
最初の一歩を踏み出すときにはこれぐらいの本がちょうどいいです。

で、この本には、各種パケットキャプチャツールの紹介から、見方、特徴がかなり丁寧に書かれています。
これを見て、インストールできなかったら、それはアナタの責任じゃないですってぐらい。

もちろん、パケットのつくりも丁寧に、かつキャプチャしながら説明してくれるので、理論を延々とつづられるよりよっぽど実感できます。まあ、それがよいかどうかはありますが、最初の一歩にはちょうどいい。
最後には、典型的なトラブルの例がずらずらと書かれていて、どうすればよいのか書いてあります。
#最後のネットワークのおかしな場所の突き止める所は最後は結構大変なことをさらりと書いてあるような気がしなくもない。

まあ、ざっと見てきましたが、パケットキャプチャの超初心者にオススメですよー。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック