Flashの罠3 異なるドメイン間の通信

こんにちわ。
この季節は雨が降る度に寒くなってきますね。紅茶が恋しい季節です。
とはいえ、手を変え品を変えているとしても一日4杯も5杯も飲んでいれば、さすがに飽きるお爺さんです。
で、本題はFlashの罠第3段、異なるドメイン間の通信です。

異なるドメイン間の通信と言っても、Flashの場合は二種類あります。

 (a)Javascript->Flash ←スクロールとかでよく使う
 (b)Flash->Flash    ←ローカルコネクション

で、いずれの場合もFlash7でセキュリティポリシーが変ってるので、通信する際には注意が必要です。

まず、(a)Javascript<->Flashなんですが、System.security.allowDomain("a.com")をFlash内で書く必要があります。a.comってのは、javascript側のドメインです。受け入れ先のFlashに受け入れ元のドメインを書く必要があるわけですね。

こうすると、Javascriptがa.comに、Flashがb.comにあっても大丈夫です。

参考(このあたり)
 http://www.adobe.com/jp/devnet/flash/articles/fplayer8_security_09.html


で、次に(b)Flash->Flashなんですが、どーも、これは同じドメインにないとダメっぽいんですよ。下の参考を見る限り、LocalConnection.allowDomain をあれこれやればいいようなんですが、いまんところ上手く行ってませんorz

参考
 http://www.adobe.com/jp/devnet/flash/articles/fplayer_security_05.html

なんか遣り方がまちがってるんでしょうかね?
当面、Flash->Flashは同じドメインにしてやったら、上手く行ったので事なきを得ましたが、やっぱり異なるドメイン間通信とかってのは難しいモンです。


以前の記事
 Flashの罠第2弾
  http://cast-a-spell.at.webry.info/200608/article_12.html

 Flashの罠第1弾は行方不明・・・

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック