読んでみた:まるごとPerl

こんにちわ。
昨夜書き忘れていたので、土日なのに一個記事を書いているお爺さんです。
なんかひさびさに解放感のある土日です。寝ている間に夢の中でプログラムしなくていいと思うと楽ですねえ。
とか言いながら、さっこん話題の「まるごとPerl」です。

まるごとPerlは先月発売されたばかりの本で、CPANで活躍されている宮川さんや、Encode.pmのDANさんなどが執筆者となっていて、皆、日本のPerl界で活躍されている方々です。

初心者や中級者にとってはすんげぇありがたい本です。
かゆーいツボの所をうまく書いてあります。
やっぱ原著が日本語だと読みやすいなあと。いや、ラクダ本の翻訳がだめというんじゃなくて、他の翻訳とかを見ていると、翻訳本は読みにくい場合ってのが多々ありますから。それ以上に英語の原著や、英語のCPANの解説を読むのはメンドクセーというのがありますが(^-^;)

私がありがたかったのは、naoyaのはてなブのサーバ構成ですかね。
ほぼ予想通りでしたが、私ん所と違うのはサーバを増設するタイムラグですかね。
10万円程度のサーバで、増設に数時間しかかからないってのは驚きです。
後は、やっぱりCGIサーバはCGI以外処理しちゃイカンですね。まあ、あたりまえですが。

後は、Webフレームワークの使い方が3種類さらりと書いてある所。
生産性の高いPerlのWebフレームワークが最近広まっていますが、私は未だ独自フレームワークです。
そろそろ勉強したいなーと思っていた所なのでありがたいです。
や、PerlじゃなくてPHP使うという選択肢もありますが、あくまでPerl本なので。

まあともかく、Perl使いなら一度は読んでおいた方がいいんじゃないでしょうか。



まるごとPerl! Vol.1

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック