Flashの罠

今日は手抜きです。
Flashの罠の第2弾ということで。

・Flashで2880px以上の画像を表示すると、端が切れる。
 →最近のデジカメは高性能ですからヤバイですね。
  Flash10とかでは直ってほしいモンです。(^-^;)

・crossdomainの処理がIEとFFでは異なるらしい(06/10/2)
 →原因はよくわからないのですが、次のようなドメイン関係の時に、
   IEの場合crossdomain.xmlが効かないようです。

  ○状況
   元HTML a.domain上に存在
   親SWF  b.domain上に存在
   子SWF  b.domain上に存在
   
   crossdomain.xmlで、b.domainからのアクセスを許可。

  ○結果
   FF:ちゃんと子ドメインが読み込める
   IE:子ドメインが読み込めない

  なんでなんでしょうか??

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

charlee
2006年08月30日 23:18
先週見つかったもうひとつです。ご存知かもしれません。Flash6では、GIF/PNGファイルをインポートしてそのままstageに配置すれば、画像が右下に1ピクセルずれて表示されて、一番右の一列が左へ、一番下の一列が上へ移動されます。
2006年10月24日 17:35
baseタグでURLを指定したりしているうちに直りました(^-^;)

この記事へのトラックバック